変形性腰椎症ってどんな病気?

王道を行くお姫様 トップ → 変形性腰椎症ってどんな病気?

変形性腰椎症ってどんな病気?

高齢者に最も多くみられる腰痛が、変形性腰椎症です。 この病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)は、女性よりも男性に、体重が減った方よりもふくよかな方に、またがっちりした方ほどなりがちな病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)となるはずです。 それは、長い間背骨に対して負担を掛け継続する事でいたような方が、発症しやすい病気だということなんですね。 症状としては、主に腰痛で、腰にこわばりや鈍い痛みを感じるのですが、臀部の部分や大腿後面にまで痛みを感じるケースってあると思います。 動作の初めに痛みが強く出て、暫く動き継続する事によっているうちに痛みが軽減されると言うのが一般的な症状です。 例えば、朝の起床時や、寝る際に寝返りをする時、立ち上がる時等に痛みを感じると思います。 また、長時間一定の姿勢を続けているような場合でも、痛みは発生します。 変形性腰椎症の主な原因は加齢で、40台を過ぎる頃からたくさん見られるためてくる症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)です。 腰椎と腰椎の間でクッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)の役割をしている事が椎間板といわれていますが、加齢によってその椎間板の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)は少なくなっていくはずです。 水分(あるものに含まれている水のことです)が少なくなると弾力を失い、クッションの役目を果たさなくなりますから、段々と腰椎の間が狭くなってしまいます。 すると、骨棘(こつきょく)といった突出したものが作り出されてしまい、これが周りの神経を刺激して痛みを発生させてしまうのです。 X線検査でこの骨棘が形成されている事が確認可能だと、「変形性腰椎症」と診断されるみたいです。