証券会社が倒産することってあるの?

王道を行くお姫様 トップ → 証券会社が倒産することってあるの?

証券会社が倒産することってあるの?

証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)とは、株(ネットでのトレードが主流となっていますね)の売買を仲介している会社の事をいうんです。

株を買いたい・株(昔からある投資法の一つですね。 バブルの頃にはブームにもなりました)を売りたい、といった事があれば、証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)を通します。

また、みなさんの株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)だけではなく、証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)自身も色々な企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)の株を購入したり、売ったりしています。

想像しにくいですが、その証券会社が倒産行うケースなんてあるのでしょうか?

結論からいうと、倒産する可能性はゼロではありません。

証券会社(岡三証券や東海東京証券などがネットに強い証券だといわれているようです)が倒産する可能性は極めて低いとはいっても、ゼロではないということを理解しておく必要がありますよね。

実際に、日本でも倒産した証券会社(野村證券や大和証券、みずほ証券が大手証券といえるでしょう)は存在します。

その為、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)投資を始める時には、しっかりと証券会社(有価証券の売買を行ったり、売買の仲介を行ったりする会社のことをいいます)を見極める必要があるんです。

証券会社を選ぶ時に大事なことは、経営状態です。

経営が安定している証券会社であれば、倒産する可能性は低いです。

ただ、場合によると、経営状態が良くても、いきなり倒産すると言うこともあります言う事もあります。

しかし、少しでも倒産のリスクを抑える為にも、経営状態をちゃんとチェックするようにしましょう。