敷金礼金はどうする?

王道を行くお姫様 トップ → 敷金礼金はどうする?

敷金礼金はどうする?

不動産投資をおこなうのにあたって、「敷金(原則的には、賃貸契約終了時に返還されることになっています)礼金(日本独自の習慣で、請求されない物件も少なくありません)はどうすればよいのか?」と言う疑問を持つ人もいるものです。

近年、敷金(一般的には、賃貸物件の家賃を滞納した時の担保金や部屋の修復費用として、賃貸契約時に支払うお金をいいます)礼金(関東地方に多くみられる習慣で、北海道や兵庫、京都、福岡などにはないそうです)を取らないと言った物件を目にすることがありますが、果たしてその方がいいのでしょうか?

そこで、敷金(きちんと請求しないと、返ってこない場合も少なくありません)礼金(元々は、大家さんにお世話になるお礼を予め渡しておくという意味合いだったそうです)を取らない場合と取る場合のメリットとデメリットについてご説明いたします。

敷金礼金(元々は大家さんに、これからお世話になりますというお礼の意味で渡したお金なんだとか)を取らない場合、入居率のUPに通じるといったメリットがあるのです。

しかし、敷金(賃貸契約を結ぶ際に、家賃滞納があった時の担保や部屋の修繕費などのために納めるお金をいいます)礼金(元々は、大家さんにお世話になるお礼を予め渡しておくという意味合いだったそうです)を取らない物件に入居してくる人は、比較的経済的に不安を抱える人が多いので、家賃を滞納される場合もあるかもしれませんね。

つまり、敷金(賃貸契約を結ぶ際に、家賃滞納があった時の担保や部屋の修繕費などのために納めるお金をいいます)礼金(日本独自の習慣で、請求されない物件も少なくありません)を取らないと、入居者の質の低下につうじるということですね。

一方、敷金礼金(関西地方では、敷引とも呼ねれ、物件を借りる人が貸してくれる人に賃貸契約時に支払うお金のことです)を取る場合には、入居率が低くなってしまう場合だってあるのです。

でも、敷金(賃貸契約を結ぶ際に、家賃滞納があった時の担保や部屋の修繕費などのために納めるお金をいいます)礼金(関西地方では、敷引とも呼ねれ、物件を借りる人が貸してくれる人に賃貸契約時に支払うお金のことです)を取らない場合に比較すると、入居者の質が良くなり、家賃滞納といったトラブルを回避出来る可能性が高まる事でしょう。

また、敷金礼金(北海道や福岡など、礼金を納める習慣がない地方も少なくありません)をとることで、入居者の意識も高くなる為、物件を大事に使用してくれるというメリットもあります。

安定した賃貸収入を得るためにも、敷金(家賃の二、三ヵ月分ということもありますし、全く取られないこともあります)礼金(日本独自の習慣で、請求されない物件も少なくありません)をちゃんと取った方が良いといっていいと思います。