糖尿病になる原因って?

王道を行くお姫様 トップ → 糖尿病になる原因って?

糖尿病になる原因って?

糖尿病はすごく広く知られている疾患なんですが、なぜ、糖尿病(症状を自覚できないこともありますが、死に至る合併症を発症するリスクが高くなります)になってしまうのかは知っていますか?糖尿病になる原因としては様々挙げられます。
まず最初に、体質的なものや遺伝的なものが考えられます。
家族や近い親戚などに糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)の方がいると、糖尿病(改善するには、食生活の改善と運動、時には、薬物療法も必要でしょう)の体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)を受け継ぐ可能性が高くなります。
そして、日頃の食事内容や生活の習慣によるものがあげられます。
過食(精神的な問題が原因となっていることが多いでしょう)などで血液中にブドウ糖(血液中の主な糖成分で、動植物が活動する際のエネルギーの一つです)が急速に多くなると、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を正常に戻そうと大量のインスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)を分泌します。
インスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)がきちんと分泌されればよいのですが、分泌が追いつかないと、血液中はブドウ糖が多いままになってしまって、高血糖(以前よりもすぐにのどが乾く、夜トイレに行く回?が増えた、疲れやすくなったなどの症状が出ることもあります)の状態が続いて糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)になってしまうでしょう。
また、日頃ほとんど運動をしないことも原因としては考えられます。
運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)は血糖値を下げる効果もあるようですが、なかなか普段運動をする機会がなかったらいう方も多いのではないでしょうか。
社会人(何かと責任がついて回るものです)であれば、尚更機会が少なくなっているかですね。
運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)は、インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)の働きを悪くしてしまうになります。
インスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)の働きが悪くなれば、血糖値(血糖ということもあるでしょう)が下がりにくくなりますので、やがて糖尿病へと繋がります。
それに、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)も原因は挙げられます。
ストレスにより、脳がインスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)の分泌の命令を正常に行えなくなってしまいますので、インスリンの分泌が少なくなって血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が上がるのです。
あと、肥満も大きな原因は考えられるでしょうね。
肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)になると体脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)が増えて、インスリン(脾臓から分泌されるホルモンの一種です)の働きが鈍ってしまいますよね。
それから、加齢や妊娠なんかも原因は考えられます。
糖尿病(血液中のブドウ糖の濃度が高すぎ、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高いことをいいます)にならない為にも、普段の生活習慣に気をつけていくべきになりますね